2008年9月16日火曜日

Feedの配信

もちろんASP.NET MVCで。

Feed自体はXMLなんで、XMLのレスポンスを返すようなPageを書けばそれで完了! でもそんなのかっこよくないよね。

んじゃどうすんだって、もちろんSyndicationFeedクラスでしょ! WCFじゃないと使えないってことはもちろんなくて、普通に使えるっしょ!

    public ActionResult Feed(string id, string format)
    {
      // データのロード
      var data = (LINQでアイテム抽出).Take(20).ToList();
     
      // 全体かタグのFeed
      var feed = new SyndicationFeed("フィードのタイトル", "", new Uri("サイトのURLとか"));
      var items = new List();
      foreach (var post in data)
      {
        items.Add(new SyndicationItem("アイテムのタイトル", "アイテムのコンテンツ", new Uri("アイテムのURL"), "ユニークなID", 更新日時));
      }
      feed.Items = items;

      SyndicationFeedFormatter formatter = null;
      string contentType;
      if (string.IsNullOrEmpty(format) || format.ToLower() == "atom")
      {
        formatter = new Atom10FeedFormatter(feed);
        contentType = "application/atom+xml";
      }
      else
      {
        formatter = new Rss20FeedFormatter(feed);
        contentType = "application/rss+xml";
      }

      var stream = new StringWriter();
      var xml = new XmlTextWriter(stream);
      formatter.WriteTo(xml);

      return Content("" + stream.ToString(), contentType);

    } 

↑こんなアクションを書く。

※XMLのヘッダが出力されないからって固定で書いて追加してるのはかっこわるい...。

これで、Viewなんて定義しなくてもいいよね!

話変わるけど、いつの間にやらStackoverflow.comが公開されてました。 Hottest "asp.net-mvc" Questions - Stack Overflow

↑とりあえずこのカテゴリだけでも超タメになるっす! Is anyone using the ASP.NET MVC Framework on live sites? - Stack Overflow この質問が切ない。

2008年9月9日火曜日

JavaScriptとCSSをまとめて圧縮する

もちろんASP.NET MVCで作るときの話。

ところでタイトル変だね。全部一緒にまとめて圧縮ってわけじゃないですよ。 JavaScriptもCSSも、外部ファイルにするでしょ。で、外部ファイルにする単位ってやっぱり機能や役割で分割すると思うんですよ。 分割したはいいけど、それらを個別にscriptタグやらlinkタグで読み込むとそれはそれはたくさんのHTTP要求が発生しますよ。

サイトのパフォーマンスをチェックするときに、YSlowって使うでしょ。使いませんか?そうですか。 いやいや、使うんですよ。 で、ハイパフォーマンスWebサイトにも書いてるけど ・HTTP要求の回数を減らしましょう。 ・JavaScriptとCSSは圧縮しましょう。 ・CSSはページの上部、JavaScriptは下部でインクルードしましょう。 ・キャッシュの有効期限設定しましょう。 っていうのが、オーソドックスなパフォーマンスを上げる方法になりますよね。 調べてみたんですよ。今作ってるやつどんなかな、って。 ひどいもんですよ。軒並みF判定ですよ。悲しいよね。 でも、そんなの分かってたことなんだよね。だって、最適化なんてしてないし。そろそろこの辺もちゃんと手をつけようと考えますわね。

ASP.NET MVC Action Filter - Caching and Compression - Kazi Manzur Rashid's Blog

もう、答え出ちゃってる感あるけど、まずはこのサイトを参考に。というか、もうそのまま。Cacheに関してはここのクラスを使わずOutputCacheフィルターを使います。 まずは、テスト用にプロジェクトを作成。 で、スタイルシートのStylesheet1.css、Stylesheet2.css、Stylesheet3.cssと、JavaScriptのJScript1.js、JScript2.js、JScript3.jsをContentの中に作成(中身は適当で)。 で、Helpersフォルダをルートに作って、その中にCompressAttribute.csとCompressHelper.csをそれぞれ“クラス”テンプレートで作成。

img.aspx

↑こんな感じになりましょう。

CompressAttribute.csの中身は先のページのままコピペ。 ヘッダをみて、圧縮ロジックを決めて、Response.Filterにセットするだけ。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Web;

using System.Web.Mvc;
using System.IO.Compression;

namespace MvcApplication1.P5
{
 /// <summary>
 ///
 /// </summary>
 /// <seealso href="http://weblogs.asp.net/rashid/archive/2008/03/28/asp-net-mvc-action-filter-caching-and-compression.aspx">Original Source by Kazi Manzur Rashid</seealso>
 public class CompressAttribute : ActionFilterAttribute
 {
   /// <summary>
   /// Initializes a new instance of the <see cref="CompressAttribute"/> class.
   /// </summary>
   public CompressAttribute()
   {
   }

   /// <summary>
   /// Called when [action executing].
   /// </summary>
   /// <param name="filterContext">The filter context.</param>
   public override void OnActionExecuting(ActionExecutingContext filterContext)
   {
     HttpRequestBase request = filterContext.HttpContext.Request;

     string acceptEncoding = request.Headers["Accept-Encoding"];

     if (string.IsNullOrEmpty(acceptEncoding))
       return;

     acceptEncoding = acceptEncoding.ToUpperInvariant();

     HttpResponseBase response = filterContext.HttpContext.Response;

     if (acceptEncoding.Contains("GZIP"))
     {
       response.AppendHeader("Content-encoding", "gzip");
       response.Filter = new GZipStream(response.Filter, CompressionMode.Compress);
     }
     else if (acceptEncoding.Contains("DEFLATE"))
     {
       response.AppendHeader("Content-encoding", "deflate");
       response.Filter = new DeflateStream(response.Filter, CompressionMode.Compress);
     }
   }
 }
}

続いて、ちょっと便利に使うためのヘルパー関数群を定義したCompressHelper.cs↓。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Web;

using System.Web.Mvc;
using System.Text;

namespace System.Web.Mvc
{
 public static class CompressHelper
 {
   public static string ItemsKey = "_compressKeys";
   static string _formatScript = "<script type=\"text/javascript\" src=\"{0}\"></script>";
   static string _formatCss = "<link rel=\"stylesheet\" href=\"{0}\" type=\"text/css\" />";

   static Dictionary<string, List<string>> getItems(System.Web.UI.Page page)
   {
     var items = page.Items[ItemsKey] as Dictionary<string, List<string>>;
     if (items == null)
       page.Items[ItemsKey] = items = new Dictionary<string, List<string>>();

     return items;
   }

   public static void AddCompressSrc(this System.Web.UI.Page page, string key, string srcPath)
   {
     var items = getItems(page);
     if (!items.ContainsKey(key))
       items[key] = new List<string>();

     items[key].Add(srcPath);
   }

   public static string ScriptTags(this System.Web.UI.Page page, string key)
   {
     var items = getItems(page);
   
     var sb = new StringBuilder();
     foreach (var item in items[key])
       sb.Append(string.Format(_formatScript, item));
   
     return sb.ToString();
   }

   public static string CompressScriptTag(this System.Web.UI.Page page, string key)
   {
     return CompressTag(page, key, "application/x-javascript", _formatScript);
   }

   public static string CompressCssTag(this System.Web.UI.Page page, string key)
   {
     return CompressTag(page, key, "text/css", _formatCss);
   }

   public static string CompressCssTag(this System.Web.UI.Page page, string[] srcList)
   {
     var key = Guid.NewGuid().ToString();
     var items = getItems(page);
     items[key] = new List<string>();
     foreach (var src in srcList)
       items[key].Add(src);

     return CompressTag(page, key, "text/css", _formatCss);
   }

   private static string CompressTag(this System.Web.UI.Page page, string key, string type, string format)
   {
     var items = getItems(page);
     var list = items[key] as List<string>;
     if (list != null && list.Count > 0)
       return string.Format(format,
         string.Format("/Home/Compress?src={0}&type={1}",
                       page.Server.UrlEncode(list.Aggregate((s, ss) => s + "," + ss)),
                       page.Server.UrlEncode(type)));

     return "";
   }
 }
}

namespaceをSystem.Web.Mvcにしてるのは、ページでImport書くのが面倒だから。HtmlHelperにしてないのはPage.Itemsを使いたいから。 Page.Items にそのページで使うJavaScriptやらCSSやらを入れておいてまとめて出力するのに使ってます。Page.Itemsに入れておけば、マスターファイルとページファイルのそれぞれで入れた値をマスターファイル(Site.Masterね)から簡単に取り出せるから。同じコンテキスト内(HTTP 要求内って意味でのコンテキスト)でのデータの受け渡しができる(Session使う必要ないし)。 CSSの場合はページ上部にまとめて書いちゃうからPage.Itemsに入れる必要はないんだけど、その辺は好みの問題ってことで。 名前をつけて置けば、名前ごとの圧縮ファイルにできると思って、keyを渡すようにします。ぶっちゃけ意味なし。 どうやって使うかというと、まずはSite.Masterのheadタグの部分を↓こんな感じに変えましょう。

<head>
   <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=iso-8859-1" />
   <title><%= Html.Encode(ViewData["Title"]) %></title>
   <%=Page.CompressCssTag(new[] { "/Content/Site.css", "/Content/Stylesheet1.css", "/Content/Stylesheet2.css", "/Content/Stylesheet3.css" })%>
   <% Page.AddCompressSrc("msajax", "/Content/MicrosoftAjax.js"); %>
   <% Page.AddCompressSrc("msajax", "/Content/MicrosoftMvcAjax.js"); %>
</head>

CSSは文字列配列でがっつり渡す。JavaScriptはまだタグのレンダリングしたくないので、Page.Itemsに入れておく。headに書いてるのは定義場所が上の方が見やすいかな、と思ったから。 で、同じくSite.Masterのbody閉じ以降を↓こんな感じで。

</body>
<%=Page.CompressScriptTag("msajax")%>
<%=Page.CompressScriptTag("myscript")%>
</html>

ここまでで、"msajax"をキーにしたスクリプトは2つ定義してるけど、"myscript"をはどこで入れ点だよ!って思った?それはHome/Index.aspxの中で入れてるんですね~。 各ページごとのスクリプトがサイト共通のスクリプトよりも上位に展開されると、悲しい結末が訪れるから、ちゃんとHTMLの最後に展開されるようにしましょう。

で、Home/Index.aspxの最後の部分を↓こんな感じで。

    <p>
       To learn more about ASP.NET MVC visit <a href="http://asp.net/mvc" title="ASP.NET MVC Website">http://asp.net/mvc</a>.
   </p>
   <% Page.AddCompressSrc("myscript", "/Content/jscript1.js"); %>
   <% Page.AddCompressSrc("myscript", "/Content/jscript2.js"); %>
   <% Page.AddCompressSrc("myscript", "/Content/jscript3.js"); %>
</asp:Content>

これを実行すると展開されるHTML(Home/Index)は↓こう。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
   <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=iso-8859-1" />
   <title>Home Page</title>
   <link rel="stylesheet" href="/Home/Compress?src=%2fContent%2fSite.css%2c%2fContent%2fStylesheet1.css%2c%2fContent%2fStylesheet2.css%2c%2fContent%2fStylesheet3.css&type=text%2fcss" type="text/css" />
 
</head>

<body>
~省略~
</body>
<script type="text/javascript" src="/Home/Compress?src=%2fContent%2fMicrosoftAjax.js%2c%2fContent%2fMicrosoftMvcAjax.js&type=application%2fx-javascript"></script>
<script type="text/javascript" src="/Home/Compress?src=%2fContent%2fjscript1.js%2c%2fContent%2fjscript2.js%2c%2fContent%2fjscript3.js&type=application%2fx-javascript"></script>
</html>

これだけだと、外部ファイルはちゃんと読み込めませんね。 HomeコントローラーにCompressアクションを実装してませんでした。

    [Compress]
   [OutputCache(Duration=3600,VaryByParam="src")]
   public ActionResult Compress(string src, string type)
   {
     var items = src.Split(',');
     if (items != null && items.Length > 0)
     {
       var sb = new StringBuilder();
       foreach (var script in items)
       {
         string path = Server.MapPath(script);
         if (File.Exists(path))
           sb.Append(File.ReadAllText(path));
       }

       return new ContentResult() { Content = sb.ToString(), ContentType = type };
     }

     return new EmptyResult();
   } 

srcパラメータにまとめるファイル名をカンマ区切りで渡すと(渡すときにUrlEncodeしても、自動でUrlDecodeしてくれます)、ファイルを読み込んで1個にまとめて出力するようにしてます。 圧縮はCompressAttributeにお任せ。OutputCacheを指定して、パラメータ毎(外部ソース毎)に1時間キャッシュするように指定してみました。 CompressとOutputCacheを外してFirebugで見た結果が↓。

img.aspx2

※CSSのレスポンス

img.aspx3 ※JavaScriptのレスポンス。 どっちも圧縮されてないし、Expiresヘッダもないね。 で、CompressとOutputCacheをつけてFirebugで見た結果が↓。

img.aspx4 ※CSSのレスポンス。

img.aspx5 ※JavaScriptのレスポンス。

いずれもファイルサイズも小さくなってるし、Expiresヘッダもついてクライアントキャッシュが有効になってます。 ここまで来て圧縮なら「IISの静的ファイル圧縮使えば?」という思いが当然のごとく出てくるよね。もちろん試しましたよ!ファイルを1つにまとめる機能はないけど、圧縮はできるはずだもんね。でもね、なんかうまく出来なかったんですよ。CSSは出来てるのにJSが出来なかった。 httpCompressionのstaticTypesの指定が悪いのかなんなのか。何にせよ、設定でちゃんと思い通りに出来なかったらコードを書けばいいじゃないか! ※負け犬...。

2008年9月3日水曜日

ModelBinderに気をつけねば

前のエントリでModelBinderを使って、ActionのパラメータにDBから取ってきたエンティティモデルをそのまま渡す方法を書いちゃったけど、あれはダメでした。

DataContextをstaticにもつサンプルだったけど、そうだとしてもいつDisposeされるのかなんて分かんないから、試しに実装してみたらケチョンケチョン...。

で、正しい使い方はこちら↓。 How to use the ASP.NET MVC ModelBinder - Melvyn Harbour というのを、昨日ガスリー君のブログでも書かれててホッとした。 ASP.NET MVC Preview 5 and Form Posting Scenarios - ScottGu's Blog

サンプルをチェックしてると、ProductをModelBinderでとってるじゃないかと思えるかもしれないけど、あくまで新規登録時の空エンティティの時にしか使ってないですよね。 で、更新処理の時にはDataContextから取得したProductに対して、ModelUpdateを使って値の書き込み。 この方法だとですね、更新時にはProductBinderのGetValue走らない。サンプルだから両方乗せてるんだろうけど(ModelUpdateとModelBinder)、最初はどんな意味が込められてるのか混乱しちゃった。 ModelUpdateでセットされるデフォルトのエラーメッセージが気に入らなかったらどこで書き換えればいいのかはちょっと分かんなかった。リソースファイルに持ってるのをどうすればいいんだろか。

で、 ProductクラスはLINQ to SQLのクラスなんだけど、これに対してModelStateDictionaryへメッセージを突っ込むコードを書くと、クラスが密結合しすぎちゃうがために、あえてRuleViolationクラスを作って(後でModelStateDisctionaryに入れやすくするために)、 IRuleEntityを実装。

ProductクラスのOnValidateはSubmitOnChangeの時に自動で呼び出してくれるっていうのがミソですね! でも、実際の開発は、たぶんだけどLINQ to SQLのエンティティクラスに対して直接入力しないよね。もう一つ間にViewDataクラスをはさんで、ViewDataにDBから読み込んだ値を入れてFormに表示。更新の時にViewDataに読み込んだ後、エンティティクラスに値をマッピングしていって更新。そんな流れになると思うので、入力検証のサンプルが↓これ。

Maarten Balliauw {blog} - Form validation with ASP.NET MVC preview 5

このサンプルではViewDataに直接値を入れてるけど、ViewDataのクラスを用意してViewPage<UserViewData>でレンダリングをView(model)にするんだと、↓こんな感じになるんじゃないかと思いますがどうですかね。

public class UserViewData { public name {get;set;} public email {get;set;} public message {get;set;} }

Contactアクション(POST)の入力値の取得で

var viewData = new UserViewData(); ModelUpdate(viewData, new[]{"name","email","message"});

って、すれば個々に入力値を取得しなくてもviewDataに埋め込みますわね。 でも、それだと入力検証できませんわね。全部stringだし。 なので、UserViewDataクラスに検証用のメソッドを追加して、それを呼び出すときにModelStateDictionaryを渡すのが簡単でいいんじゃないかと思います。 例えば、↓こんな。

public bool Validate(ModelStateDictionary modelStates)
{
 if (string.IsNullOrEmpty(name))
  modelStates.AddModelError("name",name,"名前入れてね!");
 else if (name.length < 4)
  modelStates.AddModelError("name",name,"4文字以上で名前入れてね!");

return modelStates.IsValid;
}

で、アクションでは↓。

 var viewData = new UserViewData();
 if (TryModelUpdate(viewData, new[]{"name","email","message"})) {
  viewData.Validate(ViewData.ModelState);
 } 

なんかヘンテコなコード...。 ※ModelUpdateも中でModelStateDictionaryにエラー値を入れてくれます。キャストできないとか。 ※Prefixをつけた場合、今までは最後に'.'(ドット)を自分でつけなきゃいけなかったのに、自動でつくようになってちょっと涙目...。気がつくのに時間かかった。

ちなみにUpdateModelのキー名はmodelに持ってる項目だけにすべし。Modelの項目を指定して、Formにない場合はエラーにならないけど、その逆はエラー(FormにあってModelにない)になるので気をつけよう。 ModelState情報はうまく利用すれば、エラーフィールドを強調できる(class属性にinput-validation-errorが自動でつく)ので超便利です。

ModelState はRenderPartial時にViewDataDictionaryを渡さないと(ViewData.Modelだけだとダメ)ユーザーコントロールで取得できないから、入力項目を持つユーザーコントロールのRenderPartial時には問答無用でViewDataも渡すようにするのが吉!

その他気になったところ。

Default option label for DropDownList in ASP.NET MVC Preview 5 - Shiju Varghese's Blog

便利にはなるよね。でも、必須にしなくてもいいじゃないかと、思ってしまうんですよ。 LINQで取り出した、ソースの最初の行に空(ここでいうoptionLabel)のレコードを連結させるコードを書いてたから、それがなくなるのはいいんだけど。ちなみにotionLabelに空文字""を指定すると何も起きないからレンダリング結果は今まで通り。

Maarten Balliauw {blog} - ASP.NET MVC preview 5's AntiForgeryToken helper method and attribute Steve Sanderson’s blog » Blog Archive » Prevent Cross-Site Request Forgery (CSRF) using ASP.NET MVC’s AntiForgeryToken() helper 何に使うのかサッパリわからなかったけど、こうやって使うんだね。CookieとForm(HIDDEN)POSTの値を比較して有効なリクエストか判定。

file download as attachment in latest preview (like this blog post) - ASP.NET Forums

FileResultの簡単な使い方。FileResultはResponse.TransmitFileとかで結果を直接返さずにActionResultとして返すことで、テストしやすくなるよね。 AntiForgeryToken/FileResultともにMicrosoft.Web.Mvcに入ってるデス。

2008年9月1日月曜日

ActionNameとAcceptVerbs

やっと意味がわかりました。

How a Method Becomes An Action

Phil Haackさん(なんかインタビュービデオを見たんだけど、どう見てもモルダー...。ホントはFBIなんじゃん?)とこで細かく書かれてるんだけど、なんていうかさ、英語じゃん?

でも、くじけるわけにはいかねっす。作ってるプロダクトがまったく動かないからね。 今まで(Preview4)は、ControllerやActionの前後でなんかしたかったり、処理をざくっと注入するときはActionFilterAttributeクラスを派生したものを使ってました。 Preview5でも同じクラスはあるんですよ。だけど、これが罠でして。同じ名前のクラスなのにコロッとかわっててね。流石Preview版。

どう変わってるかというと、ActionFilterはもう前後に処理をはさむだけで、その中で別のActionを呼んだり、Actionそのものの実行をキャンセルするのは止めないか的な。 いや、filterContextにはResultプロパティがついてて、そこに結果を入れてしまえばいいんだけど。 例えば↓。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Web;

using System.Web.Mvc;

namespace MvcApplication1
{
  public class StopAttribute : ActionFilterAttribute
  {
    public override void OnActionExecuting(ActionExecutingContext filterContext)
    {
      filterContext.Result = new ContentResult() { Content="途中で止める" };
    }
  }
} 

こんな感じでStopAttributeをActionFilterAttributeから派生して作っておいて、Home/Indexアクションにセットする。

    [Stop]
    public ActionResult Index()
    {
      ViewData["Title"] = "Home Page";
      ViewData["Message"] = "Welcome to ASP.NET MVC!";

      return View();
    } 

img.aspx

ばっちり中断して、違う結果を返してますね。 これはいいんですよ。別にこれがしたいわけじゃないんですよ。

RESTfulAttributeっていうのをずいぶん前に書いた(進化の過程をウキウキウォッチング)んですよ。 要は、GETの時に呼び出すActionとPOST/PUT/DELETEの時のActionを勝手に切り替えてくれるってもんです。でも、普通にブラウザからだとPUT/DELETEはダメなもんだから、prototype.jsの仕様に合わせて"_method"って名前でメソッド名を送信すると HTTP Methodじゃなくて、そっちをみて判断するようにしたものです(Railsっぽいよね!)。

これを実装するには、HTTP Methodを見て、Actionを切り替えるために元々のActionの実行をキャンセルして、HTTP Methodに合わせたActionを代わりに実効(ActionInvoke)して、その結果を返す必要があります。単純に考えたら filterContext.Resultに変わりになるActionの実行結果を入れてしまえばいいってことになるんだけどさ。もちろんそれも正解(上記サンプルのように実装できるし)。 でも、たぶん設計思想はそうじゃないっぽい。filterContext.Cancelがないし。

そこで出てきたのがActionNameAttributeとAcceptVerbsAttribute。ActionNameAttributeは、単純にAction名を別名に置き換えるもので、AcceptVerbsAttributeはHttpMethodを見て、実行可能な場合のみ(GETだけとかPOSTだけとか)Actionを実行するもの。 でね、それぞれ派生元のクラスがさ、ActionFilterAttributeじゃないんですよ。 ActionNameはAttributeクラス。AcceptVerbsはActionSelectionAttributeクラス。ActionSelectionAttributeクラスっていうのが今までなかったもので、今回追加されたんですね。 これは単純なabstractクラスで、

   public abstract bool IsValidForRequest(ControllerContext controllerContext, MethodInfo methodInfo); 

たったこれだけ。

んじゃこのIsValidForRequestは何に使うのかというと、Actionの実行を許す時はtrueを返し、実行させたくないときはfalseを返す。 ウソじゃねっす!!試したっす! なので、こういうクラスが今回追加されてきたってことはですね、Actionの実行そのものと、Actionの実行を許可するかどうかは別々に実装すべきなんじゃないですかっていう設計思想なんじゃないかと。 いや、モルダーPhilさんがどう思ってるのかは知らないけど。 ※AuthorizeAttributeとかは別にActionSelectionAttribute派生じゃないから言い切れるわけじゃないっぺ!

なので、そういうことならそっちに合わせた方がカッコイイんじゃないかと。 作ってみたのがRESTfulVerbs。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;

using System.Web.Mvc;

namespace MvcApplication1
{
  public class RESTfulVerbsAttribute : ActionSelectionAttribute
  {
    // 有効なHTTP Method(複数可)
    public string HttpMethods { get; set; }

    public RESTfulVerbsAttribute() : this("GET,POST") { }
    public RESTfulVerbsAttribute(string methods)
    {
      HttpMethods = methods;
    }


    public override bool IsValidForRequest(ControllerContext controllerContext, System.Reflection.MethodInfo methodInfo)
    {
      string[] enableHttpMethods = HttpMethods.ToLower().Replace(" ", "").Split(',').Where(s => s.Length > 0).ToArray();

     string httpMethod = controllerContext.HttpContext.ToLower();

      // prototype.js対応
      if (httpMethod == "post")
        httpMethod = context.Request.Form["_method"] ?? httpMethod;

      return enableHttpMethods.Contains(httpMethod.ToLower());
    }
  }
} 

どうやって使うかというと↓。

    [RESTfulVerbs("GET")]
    public ActionResult Index()
    {
      return View();
    }

    [ActionName("Index"),RESTfulVerbs("POST")]
    public ActionResult IndexPost()
    {
      // Indexに対してのPOSTはここで実行
    }

    [ActionName("Index"),RESTfulVerbs("PUT,DELETE")]
    public ActionResult IndexPut()
    {
      // Indexに対してのPUT/DELETEはここで実行
    } 

簡単ね。ActionNameAttributeとのコンボです。 単純なんだけど、こういう形にしちゃうと既存コードの変更箇所が凄い多くなるのが痛い...。ガンバです! でもね、ひとつ前のRESTfulFilterAttributeの実装の時(ASP.NET MVCでRESTful)に思ったんだけど、今回みたいな実装にするっていうことはですよ、リクエスト毎にグルグルとActionNameで指定したActionを探すことになるよね、きっと。それが嫌だしちょっとカッコ悪いと思ったから2個目の実装にしたのに。 そんな負荷は微々たるもんだから気にするんじゃないってことかな?

ちなみにfilterContext.ResultにActionの実行結果を入れる版のRESTfulAttributeは↓こんな感じの変更です。

      Type ctrl = filterContext.Controller.GetType();
      if (actions.ContainsKey(httpMethod) && actions[httpMethod] != "")
      {
          MethodInfo method = ctrl.GetMethod(invokeAction);
          if (method != null)
          
filterContext.Result = ctrl.InvokeMember(invokeAction,
BindingFlags.InvokeMethod, null, filterContext.Controller,
filterContext.ActionParameters.Values.ToArray()) as ActionResult;
      } 

※こっちのほうが修正少なくて楽...。

早くソースが公開されないかな~。 とりあえず、今回実装されてるFilter一覧を見てたらすごく気になるもの発見。 まず、この2つは基本クラス。

  • ActionSelectionAttribute : Attribute public abstract bool IsValidForRequest(ControllerContext controllerContext, MethodInfo methodInfo);
  • CustomModelBinderAttribute:Attribute protected CustomModelBinderAttribute();
で、今までもあったものを含めて使えるフィルターがこれ。
  • AcceptVerbsAttribute:ActionSelectionAttribute
  • ActionNameAttribute:Attribute
  • AuthorizeAttributeFilter:Attribute, IAuthorizationFilter
  • HandleErrorAttribute:FilterAttribute, IExceptionFilter
  • ModelBinderAttribute : CustomModelBinderAttribute
  • NonActionAttribute : ActionSelectionAttribute
  • OutputCacheAttribute : ActionFilterAttribute
最後に気になるフィルターがこれ。
  • MethodSelectionAttribute:Attribute public virtual MethodSelectionResult OnMethodSelected(ControllerContext controllerContext, string action, MethodInfo methodInfo); public virtual MethodSelectionResult OnMethodSelecting(ControllerContext controllerContext, string action, MethodInfo methodInfo);
何に使うんだろ...。