2009年3月8日日曜日

第2戦(Brass Division)

前回の反省を生かし、今回の試合では前半から強気の攻めで、試合の流れを持ってくることを心がけよう。そんな目標を事前に立てての試合。試合前にはメンバーが全然集まって無くて唖然としたけど、試合始まる直前にはなんとか2セット揃ってホッとした。目標を立てたのに人がいないことにアワアワし過ぎて、すっかり目標のことを忘れちゃってたよ。 前半からガンガンがんばれ作戦っていうこともあって、セットの組み合わせも1stタケ・ミズ・セト、2ndオグ・シゴ・ミチと今期から参加のシンタローと組むことになり、走りまくらなきゃいけない予感。前回の試合で走らなすぎたら見方からのブーイングで心折れそうになったのを思いだし、今回はちゃんと最初から攻め気も見せつつプレーしなきゃね。 珍しくイマイちゃんとユミちゃんがいないおかげで5メンズ1ウーマン。オニャノコいないと、ブラスではブーイングがでちゃうS40なんだけど...。 まぁ、そんなこと心配してもしょうがね。 試合開始するまで全然気がつかなかったけど、開始2分で3点...。おかしい。いや、得点できることはいいんだけど、いくらなんでもおかしい。そんなアッサリ目標通り得点できるなんておかしすぎる。相手ゴーリーをよくよく見てみると、なんかスケーティングがゴーリーのそれとは違う。横移動も前後移動もままならない感じで、ほぼゴールライン上で微動だにしてない。もしや、プレーヤーゴーリー?ちゃんとオスギに確認しとけば良かったけど、試合は始まっちゃってるし、相手ベンチに「ゴーリーの人プレーヤー?」なんて聞けるわけもなく。 そのまま、前半から攻め続けて、と言うか我守らずを全員がモットーとしてるんじゃないのかってくらいの守備放棄。カネコさんが初戦に引き続いての鉄壁っぷりを発揮してくれてたからよかったものの。そんな流れで8-0で前半終了。どうも外野からのブーイングが気になる...。 後半も相変わらずノーガード。流石に守りきれず目の前でリバウンドを叩かれて失点。自分の目の前っていうのが責任感じる。守ってたのに守ってなかったんじゃないのかっていう失点の仕方だったのが余計にたちが悪い。それでも、攻めに攻めて得点を重ねるんだけど、終了間際にまたしても自分がリンクに乗ってるときに失点...。なんかもう、プレーオフの時からそうだけど、こうも終了間際の失点が続くと切なくなるね。 試合終了後、オスギに確認したら、急遽ゴーリーがこれなくなったそうで、プレーヤーがゴーリーをしてたんだそうな。単純に得点しまくってたのはそんな理由からですよ。17-2と勝ったはいいけど全然勝った気もせず。失点には常に絡む自分を励ましたい。 今回の試合では自陣ベンチからのブーイングがなかったものの、外野からのブーイングが炸裂。日曜に戸塚に行っても「昨日アメージングに鬼が出た」だの「悪魔っているんだね」だの、さんざんな言われよう。これからは演技派を目指そう。必死のプレーでゴール前でこけるとか、シュートをカラぶるとか、見てて一生懸命なのは伝わるけど、コレといって活躍しないっていう...。もう、それしか、自分を守る方法が思いつかない。ぎゃふん。