2011年2月19日土曜日

ドッグイアとjQuery Mobile

コンピュータ業界は進むのが早いっていう話じゃなくて、本を読んで気になるページに折り目をつける話です。

専門書でも漫画でも小説でも本なら何でも折り目をつけてしまう癖があります。最悪なのは借りた本に折り目をつけてしまうところ。マジすいません。読んだ本で気に入ったフレーズや大事なことだと思った部分を簡単に残しておきたいと思って、ブログに書いたりもするけど、なるべくその瞬間に書き残しておければより記憶に残るっていいなーと思ったわけです。ブクログとかいろいろ便利なサイトが世の中にはありますが、もっともっと特化してしまってもいいと思いませんか!手軽にささっと、となるとモバイルデバイスが利用対象になりましょう。と、いうか自分にとって使いやすいのは何かを考えたらiPhoneだなっていう。

iPhoneといえば最近何かと話題のjQuery Mobile。面白いですよね。まだまだコレだという作り方を見つけることが出来てないのですが。ASP.NET MVCとの相性も悪くない感じです。

そこで本やDVDを見てぐっと来た部分を簡単につぶやいて記録に残せるものを作ってみました。

IMG_0142 IMG_0143 IMG_0144

ぐっと来た.cc

jQuery MobileなのでiPhone/Android等スマートフォン専用です。PCでもそれっぽく動作しますが、まともなのはChromeだけ。Firefoxでも3.6系だと見た目だけはそれっぽいけど、動作(アニメーション)はしょぼしょぼです。HTML5+CSS3だからといってIE9はまるで対象外。パッチを当てても全然ダメだった。

gu1 gu2

左からChrome、Firefox、IE9。背景を黒ししてるのでひどいもんですよ。

使い方は簡単です。最初にサイトにアクセスすると「みんなのぐっと来た」が表示されます。

gu3 gu4

赤い枠の部分をクリックすると、Amazonの商品詳細ページへ。緑の枠の部分をクリックするとつぶやきの全文が表示されます。

右上の「Sign in」をクリックするとTwitterアカウントを使ってログイン。最近お気に入りのOAuthです。http://razordo.it も同じです。

ログインするとHome(検索と最近つぶやいた商品リスト)とPeople(みんなのぐっと来た)を切り替えるタブが出てくるので、初めてつぶやく商品は検索して探しましょう。んで、つぶやく!そしたらTwitterにつぶやき内容とAmazonへのリンクが一緒にポストされます。

That's it!

それだけの機能なんですが、ASP.NET MVC3+Razor+EF CodeFirst+jQuery Mobile+ExpressWeb(宣伝?)です。HTML5とはいえ別に新しいエレメント使ってなくてdata-*属性を指定するくらいなのお手軽実装です。

jQuery Mobileの特徴的な部分はすべてのページは最初に表示されるHTMLに従属する、的なところです。ページ遷移は基本的にAjaxでHTMLを先取りしておいたものを自ページ内にDIVエレメント(data-role="page")として展開して、それを表示するためにアニメーションするというものです。表示されてるのはui-page-activeクラスが指定されてる部分になります。

gu5

なのでページやドキュメントのロード時というのは基本的に最初のページロードの時になりますね。しかも、ページ自体をDIVエレメントで1ページ内に収めるし、キャッシュのためにエレメントは毎回削除されるわけじゃないので、ID属性が同じエレメントが多数発生して$(“#id”)がたくさんいるじゃないか、みたいな状況が出来上がります。

その辺はclassでのセレクタでアクティブなpageからの相対参照で書くようにとコツが必要になるので、慣れが必要でしょう。おや~?と思う動きをするときはだいたいこの辺の設計が関与してます。jQuery MobileっていうのをjQuery UIみたいにとらえると痛い目見るぜハニー。

全く別のフレームワークとして、ちゃんと認識しておくことが必要です。作り方が変わってくるからね。もちろん専用のイベントも用意されてるので、ページのロードじに何か処理をするとかは普通にかけます。コレ以外にもタッチ前提のスマートフォンだからkeydownなんかも発生しなくてびっくりした。そりゃそうなんだけど。

jQuery Mobile Docs – Events

あとはcache manifestがちょっと難しい。manifestを指定してるHTML自体が必ずキャッシュされるという理屈になかなか気がつかなかったです。この辺もうまいこと調整していけば晴れてスマートフォンでも最適なモバイルアプリが出来上がるわけですね。涙ぐましい。

なにはともあれ、それっぽく動くようになったので使ってみてね!あと、Amazonへのリンクは設定で自分アソシエイトIDを登録しておくとそれを使うようになってるので、ID持ってる人は登録しておくとチャリンチャリンと聞こえるかもね!