2012年2月25日土曜日

ControllerとApiController

ASP.NET MVC4 beta面白いですねー。

特にRESTfulなサービス実装を容易に実現するために導入されたApiControllerは強烈。

WCFのプロダクトとして開発が進められていたWCF Web APIが、名前を変えてASP.NET Web APIとして生まれ変わったのがその実態です。

そもそもWeb APIの出所がWCFで、その系譜もなかなか歴史のあるものだったわけですが、RESTfulならMVC、SOAPならWCFという住み分けを明確にするという意味も込めてのASP.NET Web APIなんじゃないかと勘ぐってるところです。

ホントのところは本国の開発チームしか知らないんだろーし、そんな理由はDeveloperには関係なかったりもするんだけど、気になって仕方ない。その辺はこっちに書いてみました。まるで根拠のない話ですから!フィクションですからね!

で、ですね、ApiControllerですけど。これまでのMVCだとIController実装のControllerBase、それを派生させたControllerを利用してましたね。そう、この名前が重要で、ApiControllerもControllerという名前。でも、その実態はIControlerではなくIHttpController実装。

はい~?何が違うの~?と、なりましょうね。そりゃーそうです。どっちも名前はControllerってなってるし、使い方もだいたい一緒で、見た目の違いはRouteCollectionへの登録時にMapRouteなのかMapHttpRouteなのか、くらいですからね。

だけど、だからといって、ApiControllerがIControllerの仲間だと思うのは大間違い!MapHttpRouteと、あえて違う拡張メソッドでの登録にしてるのには訳がある。

今のところソースも無いし、詳細を確認するにはなかなか厳しいところです。が、そんな時はJustDecompile!ベータも取れて若干の不具合はあるものの、大変便利なデコンパイラ。困ったらコレ。リバースエンジニアリングで黒判定?でも、知りたいし~。

まずはMVCの仕組み。

An Introduction to ASP.NET MVC Extensibility

↑こちらのPDFがかなり正確な感じです。

mvc_pipeline

PDFをダウンロードしてみてみてください。

スタートはRouteの登録からはじまり、Controller→ModelBind→Action Invoke→ActionResult→Result Invokeとひと通りの流れと、Resolver使ってる部分が書かれてます。素晴らしいですね。

コレとMVC3のソース(公開されてるから見ましょう!)を、見つつApiControllerを使った場合の比較をしてみます。分かってる範囲で。

Route

MVC

System.Web.Mvc.RouteCollectionExtensions.MapRoute(System.Web.Mvc.dll)
    RouteCollection.Add(
        name,
        System.Web.Routing.Route(MvcRouteHandler : IRouteHandler)
    )

どうってこと無いですね。MvcRouteHandlerをRouteクラスに渡してます。MvcRouteHandlerにはMvcHandlerを渡します。

Web API

System.Web.Http.RouteCollectionExtensions.MapHttpRoute(System.Web.Http.WebHost.dll)
    RouteCollection.Add(
        name,
        System.Web.Http.WebHost.Routing.HttpWebRoute(HttpControllerRouteHandler.Instance : IRouteHandler)
    )

こっちはいきなり違います。HttpWebRouteクラスを登録です。そこへはHttpControllerHandlerを渡すんです。

パンチ効いてますねー。

IRouteHandler.GetHttpHandlerがRouteに紐づいてるIHttpHandlerを取得するんですけど、ココからすでに別物です。つまり、Web APIで提供されるApiControllerっていうのはMVCで提供されているControllerとはまるで別物ということです!

それが、何を意味するかというと、ActionSelector、ModelBinder、ActionFilterなどなど、MVCで提供されていたものがすべてWeb APIでは別のアセンブリとして提供されてるということです!!

というのも、そもそもWCF Web APIで実装を進めていたものだしね。今のところ、双方で依存関係もないです。どこかで一本化するのかどうかは微妙ですね。

System.Web.HttpとSystem.Web.Mvcはそれぞれの道を歩みそうな気もする。もちろんSystem.Web.RoutingやSystem.ComponentModel.DataAnnotationsなんかは共通なんだけど。それらを利用する部分はまるで別物。

それを踏まえて、いま、出回ってる情報を見ると、なんでDataAnnotationsを使ったバインドやAuthorizationFilterとかのFilterが使えるんだよ、とことさら強調してるのかがわかると思います。新たに実装したんだから、自慢したい!っていうね。違うか...。

リクエストとレスポンス

MVC

Requestは基本的にASP.NETの仕組みと同じで最終的にActionResultを返す。

Web API

RequestはHttpMessageHandlerが仲介してHttpRequestMessageになって、HttpResponseMessageを返す。

普通の事書いてる感じがするけど、大違いなんです。Web APIではこのMessageっていうのが重要でそれに対して各種Pipelineが介入していく。この設計、まさにWCFって感じですね。よくできてるなー、と感心せざるを得ない。

ここで分離し、かつWebサーバーの存在をHttpServerというクラスで抽象化することで、APIの提供をWeb サーバーに限定せず、Self Hostへとつなげることが、あたかも自明な流れとして受け入れられる。ん?そんなことない?

HTTP Message Handlers: The Official Microsoft ASP.NET Site

IHttpHandler

MVC

ControllerFactoryから対象Controllerインスタンスを取得してExecute。Controller.ExecuteCoreに入った時の流れ。

PossiblyLoadTempData
IActionInvoker.InvokeAction(ControllerActionInvoker)
    ControllerDescriptor <= ReflectedControllerDescriptor
    ActionDesctiptor <= ControllerDescriptor.FindAction
    FilterInfo <= GetFilters
    InvokeAuthorizationFilters - IList<IAuthorizationFilter>
    AuthorizationContext
    ? InvokeAuthorizationFilters
    : GetParameterValues
        IModelBinder.BindModel : ParameterDescriptor
            DefaultModelBinder.SetProperty
                ModelValidator <= ModelValidatorProviders.Providers.GetValidators
                    DataAnnotationsModelValidatorProvider
                    DataErrorInfoModelValidatorProvider
                    ClientDataTypeModelValidatorProvider
      InvokeActionMethodWithFilters : IList<IActionFilter>
        InvokeActionMethod
            IActionDescriptor.Execute
      InvokeActionResultWithFilters : IList<IResultFilter>
        InvokeActionResult
            ActionResult.ExecuteResult
PossiblySaveTempData

わかりにく!メモってことで。そもそも素直な実装なので、コード見たほうが早い。

Web API

RequestからHttpRequestMessageを作成、ConfigurationとDispatcherを指定してHttpServeを作成。

HttpServer.SubmitRequestAsyncにHttpRequestMessageを渡して処理開始!HttpMessageHandler、HttpControllerDispatcherが大活躍になるのがここから。

HttpControllerDispatcher
SendAsync
SendAsyncInternal
    Initialize
       
        IHttpControllerActivator <= ServiceResolver.GetService || Activator.CreateInstance
        IHttpActionSelector <= ServiceResolver.GetService || Activator.CreateInstance
        IHttpActionInvoker <= ServiceResolver.GetService || Activator.CreateInstance
       
    IHttpControllerFactory <= ServiceResolver.GetControllerFactory
    IHttpControllerFactory.CreateController
        IHttpController <= DefaultHttpContollerFactory.CreateInstance
            ControllerDescriptor.HttpControllerActivator.Create
                TypeActivator.Create
                    Expression.New
               
    IHttpController.ExecuteAsync
   
        HttpControllerDescriptor <= HttpControllerContext.Descriptor
        HttpActionDescriptor <= HttpControllerDescriptor.HttpActionSelector.SelectAction
            IHttpActionSelector : ApiControllerActionSelector
        HttpActionContext
        FilterInfo <= HttpActionDescriptor.GetFilterPipeline
        IEnumerable<IActionFilter> <= FilterInfo.ActionFilters
        IEnumerable<IAuthorizationFilter> <= FilterInfo.AuthorizationFilters
        IEnumerable<IExceptionFilter> <= FilterInfo.ExceptionFilters

        InvokeActionWithExceptionFilters(taks)
            InvokeActionWithAuthorizationFilters
                IActionValueBinder <= ServiceResolver.GetActionValueBinder : DefaultActionValueBinder
                       
                IActionValueBinder.BindValueAsync
                    HttpActionBinding                           
                        CreateParameterBindings
                            BindToBody
                                ValidationModelBinder.BindModel
                                ModelValidationNode.Validate
                    DefaultActionValueBinder.BindParameterValue
                    IModelBinder.BindModel

                    MutableObjectModelBinder.SetProperty?
                    HttpActionContextExtensions.GetValidators?
                        DataAnnotationsModelValidatorProvider
                        ClientDataTypeModelValidatorProvider

                InvokeActionWithActionFilters
                    IHttpActionInvoker.HttpActionInvoker.InvokeActionAcyns : ApiControllerActionInvoker
                        ActionDescriptor.Execute(ControllerContext,ActionArguments)
            HttpActionExecuteContext

動かしながらの確認じゃないのでイイカゲン。だし、相変わらずメモで読みにくし。どんまい。Resolverがいろんな所で使われてるのと、ほとんどがTaskになってる。

今のところよくわかってないのがMutableObjectModelBinderがValidationするModelBinderなんだけど、こいつが発動するのはいつなのかというところ。この中のSetPropertyでModelValidatorがワサワサ動いてるっぽいから、コレを利用したバインドにならないと検証が動かないじゃないっすか。動いてることは間違いないんだけど(DataAnnotatinosでの検証がかかってるのはサンプルで確認できてるし)なー。今後の調査課題。

ここでMVCと明確に違うのがDataErrorInfoModelValidatorProviderが存在してないところ。なくてもいいと思うけど、IDataErrorInfo使ってるのを動かすのは自分でしこまないとダメってことですね。こういう所ではちょっと差がある。

Validating your models in ASP.NET Web API - Pablo M. Cibraro (aka Cibrax) ASP.NET MVC 4 public beta including ASP.NET Web API

↑この書き方のサンプルをオンラインでよく見かけますよね。MVCならAction内でModelState.IsValid見てたと思うけど、Web APIだとFilterにしちゃうのがいいの?ときになるところだと思いますが、これはAPIが返す結果が何なのかを考えれば妥当というかコレしかないね、と思えるところです。

どういうことかというとHTMLを返して、その中にエラーメッセージを含んでたりModelStateによる入力値を復元させることを前提にしてるアプリケーションとしてのMVC(どこのViewにModelを渡すのかをControllerが指定)。それに対してエラーですよ、ということを返せばいいだけのAPI(ControllerがModelを返すけど、APIから返るデータをViewというならViewはModelをFormatしたXML/JSON固定で不変)。何がどのようにエラーだったのかを判定して表示を制御するのはAPIを利用したアプリケーションの責任で表示としてのViewを制御してるのはAPIじゃない。なので、一律Filterでエラーの時の処理を決めてレスポンスすれば良い。MVCでも同じようにFilterでModelStateをみてエラーをレスポンスすることは可能ですが、その時のViewをFilterが判断することになって、う~ん、まいった、ですね。

んじゃ、ApiControllerのActionの中でModelStateにエラーを入れることができないの?っていうとそんなことはなくて、入れればいいです。で、OnActionExecutingじゃなくてOnActionExecutedでResponse変えるとか、HttpMessageHandlerで書き換えるとか、事後にエラーとしてしまう方法はイロイロです。

DefaultServiceResolver

ちょっと脱線。最初から登録されてるインスタンスたちはコレらでした。

  • IBuildManager
        DefaultBuildManager
  • IHttpControllerFactory
        DefaultHttpControllerFactory
  • IHttpControllerActivator
        DefaultHttpControllerActivator
  • IHttpActionSelector
        ApiControllerActionSelector
  • IHttpActionInvoker
        ApiControllerActionInvoker
  • ModelMetadataProvider
        EmptyModelMetadataProvider
  • IFormatterSelector
        FormatterSelector
  • IActionValueBinder
        DefaultActionValueBinder
  • IRequestContentReadPolicy
        DefaultRequestContentReadPolicy
  • IFilterProvider
        ConfigurationFilterProvider
        ActionDescriptorFilterProvider
        EnumerableEvaluatorFilterProvider
        QueryCompositionFilterProvider
  • ModelBinderProvider
        TypeMatchModelBinderProvider
        BinaryDataModelBinderProvider
        KeyValuePairModelBinderProvider
        ComplexModelDtoModelBinderProvider
        ArrayModelBinderProvider
        DictionaryModelBinderProvider
        CollectionModelBinderProvider
        TypeConverterModelBinderProvider
        MutableObjectModelBinderProvider
        CompositeModelBinderProvider
  • ModelValidatorProvider
        DataAnnotationsModelValidatorProvider
        ClientDataTypeModelValidatorProvider
  • ValueProviderFactory
        RouteDataValueProviderFactory
        QueryStringValueProviderFactory
  • ModelMetadataProvider
        CachedDataAnnotationsModelMetadataProvider
  • ILogger
        DiagnosticLogger

いっぱいあるねー。

resolvers

System.Web.Http.Services.DefaultServiceResolver。System.Web.Http.GlobalConfiguration.Configuration.ServiceResolverらへんです。

MVCそのもの(System.Web.Mvc)も楽しいんだけど、今後はASP.NET Web API(System.Web.Http)に対しても、目を光らせておこうと思う次第です。

2012年2月18日土曜日

ARRでの動的コンテンツのキャッシュ制御

ARR、頑張ってくれてます。立ち上げ当初は設定ミスなんかも重なっててんやわんやなこともあったけど、今となっては素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれてます。

ARRを使うメリットとして、コネクションプーリングによるリクエストの制御の他に、SSLオフロードがかなり効果が出てます。証明書の管理も楽になるし。

ただキャッシュに関してはちょっと問題があって使ってなかったんです。基本的にVaryByCustomを使ったキャッシュ制御をしてるんだけど、どうもVaryByCustomが効いてない時があるみたい、っていう報告があって。

なので、原因がわかるまで、ARRでのキャッシュを泣く泣くオフ(もったいない!)にして、運用。

でも、やっと原因らしきものがわかった。

通常、出力キャッシュを利用する場合、自分でレスポンスヘッダを指定するなりResponseオブジェクトに指定するなり、MVCならOutputCache属性を使いましょう。ASP.NETならVaryByCustomを指定することで、自分でキャッシュ単位を細かく制御出来るようになるので、その機能を使えばPCサイトにケータイでアクセスしてきたらケータイサイトにリダイレクトしたい!なんてときに有効です(普通にキャッシュするとケータイにPCサイトが出ちゃうもんね)。

なので、↓こんな感じのコードを書いてザックリとUA判定をするようにします。

public static string GetDeviceName(HttpContextBase context)
{
	var ua = context.Request.UserAgent;
	if (string.IsNullOrWhiteSpace(ua))
		return "Unknown";

	var type = context.Request.Browser.Browser;
	if (!string.IsNullOrWhiteSpace(type) && type != "Unknown")
		return type;

	return ua.Split('/').First();
}

public override string GetVaryByCustomString(HttpContext context, string custom)
{
	if(custom != "device")
		return base.GetVaryByCustomString(context, custom);
	
	return GetDeviceName(new HttpContextWrapper(context));
}

UserAgentを見てればだいたいOKです。こうするとPCブラウザや、ケータイキャリア毎にそれっぽくキャッシュ制御できますよね。auはうるさいことになるけど。やりたい事はPCとモバイルでの判定だから、コレでほとんどうまくいきます。UAをSplict(‘/).First()だけでも大丈夫。

これを仕込んでるのと仕込んでないのとでの挙動の違いを分かりやすくテストしてみたら↓こんな感じに。Durationは10秒。

Viewの定義

@using ArrCacheTest
@{
    ViewBag.Title = "Home Page";
}

<h3>Browser Type : @MvcApplication.GetDeviceName(ViewContext.HttpContext)</h3>
<h4>User Agent : @Request.UserAgent</h4>

<div>Server Now = @DateTime.Now</div>
<div>Client Now = <span id="client_now"></span></div>

<script type="text/javascript">
    $(function (){$("#client_now").text(new Date().toString())})
</script>
arr1

すべて同じBrowser扱いだし、Server Nowが同じ。だって、キャッシュしてるHTMLが同じだから。

今度はVaryByCustomをOnにします。

arr2

ちゃんとブラウザ毎の判定になってるし、10秒以内のアクセスにもかかわらず、違うキャッシュをそれぞれのブラウザで利用。

arr3arr4

拡大しないと見えないけど、Server時間が同じなのにJSでしてるClient時間はちゃんとずれてるので、キャッシュを利用してるのがわかります。

これをARR配下に入れると、どーなるか。

ARRの設定として、ARRでリクエストを受けるサイトにポート80をバインドして、ノードサーバー用のサイトにポート8080をバインドするようにして、同一マシン内に構成。Application Request Routing Cacheを有効にして、ディスクにキャッシュもするようにしてます。

arr5

あららー。IEがFirefoxと同じキャッシュを見ちゃってます。これ、IEでアクセスする直前にChromeでアクセスするとChromeのキャッシュが出る。要するに直前のアクセスで生成されたキャッシュを利用しちゃってる。VaryByCustomどこ行った。

Chrome/Firefoxは問題なくて、ちゃんと自分用のキャッシュだけを利用。

不思議!摩訶不思議!

何がおきてこうなってるのかサッパリわからない状況だったので、ちょこちょこ設定を変えながら様子見。

最初に考えたのが、ディスクにHTMLがキャッシュされてて、それが返されてしまうんじゃないか説。でも、ディスクにはそんなものなかった。

次にIEだけ不思議とHTTP.sysのキャッシュを横取りして見ちゃうんじゃないか説。ローカルマシンでしか発生しないんじゃない?と疑って、IEだけVMからアクセスさせてみたけどそんなことなかった。

次。レスポンスヘッダのCache-Controlを見て、ARRがディスク以外のどこか(メモリしか無いけど)にキャッシュをしてしまうんじゃないか説。もしコレだとかなり厳しい。どうやってARRにHTMLだけスルーさせるのがいいか。悩んだ挙句、URL RewriteのoutboundRulesを思いついた。

<outboundRules>
    <!-- This rule changes the domain in the HTTP location header for redirection responses -->
    <rule name="CacheControl">
        <match serverVariable="RESPONSE_CACHE_CONTROL" pattern=".*" />
        <conditions>
            <add input="{RESPONSE_CONTENT_TYPE}" pattern="^text/html" />
        </conditions>
        <action type="Rewrite" value="no-cache"/>
    </rule>
    <rule name="Expires">
        <match serverVariable="RESPONSE_EXPIRES" pattern=".*" />
        <conditions>
            <add input="{RESPONSE_CONTENT_TYPE}" pattern="^text/html" />
        </conditions>
        <action type="Rewrite" value=""/>
    </rule>
    <rule name="LastModified">
        <match serverVariable="RESPONSE_LAST_MODIFIED" pattern=".*" />
        <conditions>
            <add input="{RESPONSE_CONTENT_TYPE}" pattern="^text/html" />
        </conditions>
        <action type="Rewrite" value=""/>
    </rule>
</outboundRules>            

こんなルールを用意して、レスポンスヘッダの書き換え。ちなみにコレどこに書くのかスゴイ悩んだ。applicationHost.configに書いてもまるで効かないんだよ。ARR CacheのCache Control Rulesがどこに反映されるのか、探しに探した結果、inetpub\temp\appPoolsっていうフォルダにサイトごとのconfigを自動生成して、そっちに書きこんでた。すごー。何この仕様。ビックリよ。

なので、ARRサイト(転送先のノードサイトに書いちゃうとまるでキャッシュしなくなるの意味がない)のconfigに上記ルールを追記。

追記する前のレスポンスが↓これ。

arr6

Cache-Controlにpublic, max-age=10が入っててExpiresとLast-Modifiedにそれぞれ日付が入ってますね。

追記した後のレスポンスが↓これ。

arr7

Cache-Controlがno-cacheになって、ExpiresとLast-Modifiedがなくなりました。素晴らしい!これで再度3ブラウザでアクセスしてみる。

残念!まるで効果なし!

もう、そういう仕様だと諦めたくなったけど、リクエストヘッダに違うところがあるんじゃないかと確認。

arr8

IEだけCache-Controlがno-cache。他はmax-age=0。これかなー。コレによってサーバーの挙動が変わるのかー?

と、Fiddlerで確認しようと思ったら、コンテンツ圧縮してたから内容確認できない。ショーがないないーと思って、ARRサイト/ノードサイトそれぞれの動的コンテンツ圧縮をオフにしてみた。

ら!なんと!Fiddlerで確認するまでもなくちゃんと動き出した!outboundRulesも不要。

arr9

正確にはノードサイトだけ、動的コンテンツ圧縮をオフ。ARRサイトはそのまま圧縮オン設定。

ちゃんとVaryByCustom効いてる。ナンテコッタイ。ノードから圧縮したコンテンツをARRのリバースプロキシがどっかでキャッシュしちゃってるくさい。んで、それを返しちゃってるくさい。リクエストヘッダがCache-Control:no-cacheだと。Pragma:no-cacheの時も。なんでそうなってるのかの理由はよくわからない。仕様?

ノードの圧縮をオフにして、ARRの圧縮をオンにしておけば、外向けのトラフィックは少なくなるし、ノードのCPU負荷は下がるから、これが正しい設定だよねー。

これで、やっとキャッシュも有効にして、内部トラフィックを減らしつつ、ARRで更に効率良くリクエストを捌けるようになるね!

2012年2月12日日曜日

プロパティのバインドに失敗するときのエラーメッセージをカスタム

stackoverflow.com。 今でもたまに書き込んでます。

c# - Regular Expression stop crashing - Stack Overflow

随分前にも似たようなガッカリ感を味わったんだけど、今回もまた似たような気分を味わってます。とはいえ、質問の真意を履き違えての結果の可能性は否めない。

この質問、必須項目にしたDateTime型のプロパティへのバインドに失敗するから、正規表現でチェックしたんだけど、”0000/00/00 00:00:00”って入力するとエラーになるんだよね。なんで?って言う感じでしょーか。

質問者のモデルを見るとPostedは必須項目。DateTimeには有効な日時しか入れられないっていう条件をあわせて考えると、不正な文字列の時にエラーメッセージを表示できれば要件は満たす。かな。正規表現がどうのこうのっていう問題解決の仕方ではなく、プロパティにセット出来なかった時のエラーメッセージがカスタム出来ればいいかもね、と思ったんですねー。

private static string GetValueInvalidResource(ControllerContext controllerContext) {
	return GetUserResourceString(controllerContext, "PropertyValueInvalid") ?? MvcResources.DefaultModelBinder_ValueInvalid;
}

private static string GetValueRequiredResource(ControllerContext controllerContext) {
	return GetUserResourceString(controllerContext, "PropertyValueRequired") ?? MvcResources.DefaultModelBinder_ValueRequired;
}

↑このようにMVCのDefaultModelBinderではそんな時のエラーメッセージをプロパティ”個別”にカスタムはできません。どんなプロパティにも共通のメッセージ。

で考えた結果、投稿したコードが↓これ。

public class CustomModelBinder : DefaultModelBinder
{
  protected override void SetProperty(ControllerContext controllerContext, ModelBindingContext bindingContext, System.ComponentModel.PropertyDescriptor propertyDescriptor, object value)
  {
    base.SetProperty(controllerContext, bindingContext, propertyDescriptor, value);

    var propertyMetadata = bindingContext.PropertyMetadata[propertyDescriptor.Name];
    var invalidMessage = propertyMetadata.AdditionalValues.ContainsKey("PropertyValueInvalid")
                 ? (string)propertyMetadata.AdditionalValues["PropertyValueInvalid"]
                 : string.Empty;
    if (string.IsNullOrEmpty(invalidMessage))
    {
      return;
    }

    // code from DefaultModelBinder
    string fullPropertyKey = CreateSubPropertyName(bindingContext.ModelName, propertyDescriptor.Name);
    if (!bindingContext.ValueProvider.ContainsPrefix(fullPropertyKey))
    {
      return;
    }
    ModelState modelState = bindingContext.ModelState[fullPropertyKey];
    foreach (ModelError error in modelState.Errors.Where(err => String.IsNullOrEmpty(err.ErrorMessage) && err.Exception != null).ToList())
    {
      for (Exception exception = error.Exception; exception != null; exception = exception.InnerException)
      {
        if (exception is FormatException)
        {
          string displayName = propertyMetadata.GetDisplayName();
          string errorMessageTemplate = invalidMessage;
          string errorMessage = String.Format(CultureInfo.CurrentCulture, errorMessageTemplate,
                            modelState.Value.AttemptedValue, displayName);
          modelState.Errors.Remove(error);
          modelState.Errors.Add(errorMessage);
          break;
        }
      }
    }
  }
}

これを利用するためにモデル定義を以下のように変えてしまいましょう。

[Required]
[AdditionalMetadata(
 "PropertyValueInvalid",
 "Wrong Syntax Entered, Needed:day/Month/Year Hour:Minutes:Seconds")]
public DateTime? Posted { get; set; }

AdditionalMetadataにカスタムメッセージを指定して、プロパティのバインドがエラーになったらそのメッセージを表示する。素敵だと思うんだけどなー。

で、コメントが「this code is like giving a baby a gun」。ぎゃふん。