2011年1月14日金曜日

IIS ExpressのVS2008/VS2010利用

IIS ExpressをVisual Studio 2010に統合するにはSP1を待たないとだめですよね。でも、そんなの待ちきれない!という人はたくさんいることでしょう。IIS Expressをコマンドラインから起動パラメータを確認してみましょう。

iisex1

c:\Program files(x86)\IIS Express\iisexpress /?

IIS Express :
------------------
iisexpress [/config:config-file] [/site:site-name] [/siteid:site-id] [/systray:true|false] [/trace:trace-level]
iisexpress /path:app-path [/port:port-number] [/clr:clr-version] [/systray:true|false] [/trace:trace-level]

/config:config-file
applicationhost.config  Documents  IISExpress\config\applicationhost.config

/site:site-name
applicationhost.config

/siteid:site-id
applicationhost.config  ID

/path:app-path
/config

/port:port-number
8080 /path

/clr:clr-version
.NET Framework  (: v2.0) v4.0 /path

/systray:true|false
   true

/trace:trace-level
'none''n''info''i''warning''w''error' 'e'

\:
iisexpress /site:WebSite1
  WebSite1

iisexpress /config:c:\myconfig\applicationhost.config


iisexpress /path:c:\myapp\ /port:80
'80  'c:\myapp'

いろいろあるけど、プロジェクトファイルのパスと実行時のポートを指定すれば概ね動くってことなので、プロジェクトのプロパティを以下のように指定しましょう。

iisex2

動作開始のところで「外部プログラムを起動する」を選択して
C:\Program Files (x86)\IIS Express\iisexpress.exe
を指定。コマンドライン引数に
/path:プロジェクトフォルダ /port:8080
を指定(ポートはかぶらなければ何でも良し)。

あとはいつもどおり実行(F5)すると、コンソールが立ち上がってIIS Express経由でWebアプリケーションが起動します。とりあえずはブラウザの自動起動はしないので、ブラウザを立ち上げて
http://localhost:8080
と、入れて自分で開きましょう。この状態でもデバッグできるのでとてもゴキゲンです!

iisex3

iisex4

しかも同じ方法でVisual Studio 2008からも使えるので超絶便利!VS2008からは/clr:v2.0でランタイムバージョン指定も忘れずに。なんせ本番環境と同一のIISでデバッグできるし並列でリクエスト処理してくれてチョッパヤだし!Cassiniさらば!