ラベル BoF の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル BoF の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2010年9月1日水曜日

TFS on CodePlex

CodePlexにBoFのデモで使用したお絵描きアプリ「MVC Graffiti」をアップロードしました。SkyDriveに上げたならこっちには必要ないじゃないかと思われるところですが、オープンソースとして公開しておくといろいろとお得な特典が待ち受けています。

例えば、Visual StudioのIDE内で利用出来るSVNクライアント、VisualSVNなんかもその一つで、オープンソースを公開していれば無料でライセンスを貰えます。貰いました。てへ。他にReSharperなんかもオープンソースオーナーにはもらえるみたいですよね。MVPじゃなくてもオープンソースを公開してるとライセンスをもらえるツール類はいろいろあるものです。とりあえず今狙ってるのはdotTrace。V4出るみたいだしね!

dotTrace Profiler :: Frequently Asked Questions

これまでSubversion、Mercurialと使ってみたので今回はTFSで。その手順を書いておきます。

codeplex1 codeplex2codeplex3 codeplex4codeplex5 codeplex6

http://www.codeplex.comにアクセスして、上記の通り順番に。ここまでは何の変哲もない操作です。英語ですけど気にせずチャレンジしちゃいましょう!

codeplex7

で、ソースタブを確認してみると、なんかダメなんよ的なメッセージ。しばらくしないとダメなのかな?と、思って一晩寝かせてみても変わらずアクセス出来ません表示のままです。

こりゃいかんじゃないですか。なので、早速CodePlexにコンタクト。

CodePlex - Contact Us

やっぱり英語なんですけど、あんまり気にせず適当な英語でアクセス出来ないことをアピール。返事が来るまで気長に待ちましょう。今回は週末を挟んだので2日くらいで返事が来ました。

This issue has been resolved. Your project should be successfully created.

Sorry for the inconvenience,
Matt

こんな感じで返事が来たので、早速VS2010からアクセス!

tfs1

一度ソースタブに行ってみると、↑こんな感じで設定方法を見ることが出来ます。

ここスルーするとあとでログインできなくて悲しいことになります。画像をズームすると分かるんですが、CodePlexのアカウントと、TFSのアカウントは別モンで”takepara”でCodePlexにログインするならTFSには”snd\takepara_cp”となります。snd\と_cpを忘れるとずっと怒られ続けます。

これに従って、TFSサーバーをチームエクスプローラに追加。

tfs2

ソリューションをソース管理に追加して出来上がり!

tfs3

なんですが、このままだとVS2010起動してTFSにアクセスするたびにログインを要求されてしまいます。切ないですね。面倒ですね。鬱陶しいことこのうえない!チームじゃなくてひとりだから文句いわれるのか??

tfs9

tfs4

そういうわけじゃないみたいで、ちゃんと対応方法がありました。

まずはコントロールパネルのユーザーアカウントで「資格情報マネージャ」を開いてみましょう(こんな機能があるのを初めて知りました)。そこには過去アクセスしたことのあるないようが記憶されてました。ここにCodePlexの設定も追加します。

tfs5

「Windows資格情報の追加」をクリックして資格情報を追加します。

tfs6

ここで気をつけないとイケないのがsnd\と_cp。忘れずに!これを登録しておくとVS2010を起動するたびにログイン要求されることもなくなり、とても優雅な開発を味わうことができるようになります。

tfs7

ちなみにTFS使ったことないです。チェックアウトとか意識しなくてもいいらしいとは聞いたんですが、ソリューションエクスプローラに鍵マークでてるとドキドキします...。普通に開いて編集できるんだけど、SVNになれてるとなんか気になる。

そんなこんなで、画像ばっかりで中身の薄っぺらいエントリーですが、個人利用リポジトリとしてのCodePlex利用+オープンソースコミッター特典狙いで、気楽にソースを公開してみてはどうでしょうか。

2010年2月24日水曜日

ダイヤモンドは砕けない

ゆりかもめに初めて乗りました。

techdays2010 

わーい、自由の女神だー。あははー。あはははー。はぁ...。

台場でTechDays2010のBoFに出てきたんです。

4 の時代の Web アプリケーションを語ってみよう

小野さんとナオキさんと三人でのおしゃべりはTechEd 2009の時とあわせて2度目です。相変わらず打ち合わせとかしないのにはヒヤヒヤです。

ASP.NET 4になっていろいろすごいじゃないですか。その辺の話をしましょうよ、ということだったので、たけはら担当はもちろんASP.NET MVC 2。一応事前に書いておいたメモをブログにも載せておきます。

メジャーな部分

  • データ検証の方法がDataAnnotationsを基本にしたものになりました。

これまで通りIDataErrorInfoを実装したものも有効ですが、ValidationAttributeをモデルまたはモデルプロパティに指定(ModelMetadataで外部に定義したものでも可能)して、DataAnnotationsModelValidatorを使用するようDefaultModelBinderが変更になっています。
LinqBinaryModelBinderも標準実装に組み込まれたので、System.Data.Linq.Binary(SqlDbType.Timestampなど)をbase64でhiddenからポストしたときも、自動で復元されます!
またLinqBinaryModelBinder、基底クラスのByteArrayModelBinder(byte[]を復元)もFuturesから昇格です。

  • ASP.NET 4で組み込まれるSystem.Web.IHtmlStringを使えるようにMvcHtmlStringクラスが導入されました。

MvcHtmlStringのソースファイルを確認するととても勉強になります。まさに黒魔術。
すべてのヘルパーはstringではなく、このMvcHtmlStringを返すよう変更されています。
<%: expression %>としている場合、自動的にHtmlEncodeした結果がレンダリングされるので、今後はこれが主流になります(きっと)。
MVC2の実装でもそうですが、2.0ベースのSystem.Webにはそんなものないので、なので、ASP.NET 4じゃない場合はこれまで通り、Html.Encode(string)を使いましょう。
IHtmlStringの場合、<%: ihtmlstring %>となっていても、HtmlEncodeをかけずに出力するので、Partial HTMLをレンダリングする場合(ヘルパーのレンダリングとかも)は、IHtmlStringとして渡しておきましょう。

  • AcceptVerbsAttributeがHttpVerbs.Get/Post以外に、Put/Delete/Headにも対応するようになっています。

Get/Post以外は通常、ブラウザからは送信されないですが、HtmlHelper.HttpMethodOverride()をformタグ内で呼んでおくことで、hiddenにX-HTTP-Method-Overrideという名前で、メソッドオーバーライドを保持するようになり、POSTを使ったHttpVerbsの上書きができるようになります。
この辺の実装はHttpRequestExtensionsに用意されてるHttpRequestBaseに拡張メソッドとして実装しているGetHttpMethodOverride()がまるっと処理してくれるようになっています。
もちろんここも、AcceptVerbsAttributeの判定メソッドがoverride可能になっているので、独自のAcceptVerbsAttributeを実装することで、Railsライクに"_method"というオーバーライドを使うように変更することも可能です!
これは今までのバージョンではとても面倒な実装 にしないとできない部分でした。
ちなみに、RESTfulなController実装をするときに、これができないと、ブラウザからのリクエストと、その他のクライアントからのリクエストの処理を簡単に切り分けできなくてとても不便です。

  • JsonResultを返すActionの場合、HttpVerbsがPOSTであることが基本条件になりました。

セキュリティ的にゴニョゴニョらしいです。

  public ActionResult Json()
  {
    //var json = Json(new {result = "json!"});
    //json.JsonRequestBehavior = JsonRequestBehavior.AllowGet;
    //return json;
return Json(new {result = "json!"},JsonRequestBehavior.AllowGet); }

Getなら↑これで大丈夫。

修正:2010年3月9日

  • DefaultControllerFactoryからRequestContextプロパティが無くなりました。

依存性をなくすのはいいことです。その代わり、Controllerのインスタンスを生成するためのCreateControllerにRequestContextをパラメータとして渡すようになってます。
Mockを作る時が楽ちんです。

  • AreaをサポートするためにRouteData.Valuesで"area"が予約されるようになりました。

自分仕様でこの名前の値を使ってる場合は変更しておきましょう。

  • Html.Substituteは残念ながら使えなくなりました。
  • クライアントサイド検証が標準で組み込まれてます。

このクライアントサイドコードを生成するために、C#からJavaScriptを吐き出す
ScriptSharpが使われています。
コード生成に興味がある方は、参照してみるといいんじゃないかと思います。

Script#
http://projects.nikhilk.net/ScriptSharp

ボスが最近似たようなのを見つけてはしゃいでました。

SharpKit - Write C# instead of JavaScript
http://sharpkit.net/

  • Templateベース

DynamicDataと同じようにTemplateベースのモデルレンダリングを実装したHtml.EditorForやDisplayFor、プロパティベースのレンダリングを行うTextBoxForやLabelForなんかも目が離せない便利機能です。
System.ComponentModel.DisplayNameAttributeやUIHintAttributeを使ってカスタマイズもしやすくていいですね。

注目機能

  • ChildActionOnly属性

HtmlHelperのRenderAction/Actionからの要求しか受け付けないようにするActionFilter。

  • UrlParameter.Optional

Route登録時にRouteData.Valuesにキーすら含ませないようにするオプション。

Deep Dive!

一番注目したいのはASP.NETらしさをしっかり継承したProviderモデルへのリファクタリングです。マニアックな部分ですが、拡張性を考慮して、より自由どの高い開発を行えるよう沢山のフックポイントを提供するために実装されています。処理の流として入力→検証(Model)→処理(Controller & Model)→出力(View)
というフローになるそれぞれのつなぎ部分で拡張できる感じです。

MVCソースから"Provider"と付いているクラスを検索!

  • ModelMetadataProviders
    • ModelMetadataProvider
      • AssociatedMetadataProvider
        • EmptryModelValidatorProvider
        • DataAnnotationsModelValidatorProvider

ModelMetadataを取得するためのプロバイダ。
モデルやモデルプロパティに関するすべてのメタ情報。
ValidationAttributeの定義や、型情報、出力方法など。

  • ModelValidatorProviders
    • ModelValidatornProvider
      • AssociatedValidatorProvider
        標準のValidationAttribute用のAttributeAdopterクラスとDataAnnotationsModelValidatorを管理。
        • EmptryModelValidatorProvider
        • DataAnnotationsModelValidatorProvider
      • DataErrorInfoModelValidatorProvider
        IDataErrorInfoの実装に対するDataErrorInfoPropertyModelValidatorとDataErrorInfoClassModelValidatorを使って、検証の結果を取得する。
      • ClientDataTypeModelValidatorProvider
        数値型に関するNumericModelValidator。
    • DataAnnotationsModelValidatorProvider
    • DataErrorInfoModelValidatorProvider
    • ClientDataTypeModelValidatorProvider
  • IValueProvider
    • NameValueCollectionValueProvider
      • FormValueProvider
      • RouteDataValueProvider
      • QueryStringValueProvider
    • HttpFileCollectionValueProvider

ModelBinderがモデルにデータをバインドするさいに、値を取得する際に利用する。データの出所がどこなのかをModelBinderは意識しなくてもいいんです。

次に"Factory"とついたクラスを検索!

  • DefaultControllerFactory
  • ValueProviderFactories
    • ValueProviderFactory
      • FormValueProviderFactory
      • RouteDataValueProviderFactory
      • QueryStringValueProviderFactory
      • HttpFileCollectionValueProviderFactory

コントローラの生成用のControllerFactoryと、IValueProviderを実装したValueProviderFactoryたちの2種類です。これがリファクタリングした超重要な部分になります。

で、後は、これらを利用したサンプルの紹介という流れです。

MVC Presenter

↑これね。このサンプルそのものがWebアプリケーションになっていて、サンプルの実行そのものがプレゼンスライドの表示になるという仕掛けだったんですけど...。

プロバイダモデルがうんぬんくらいからちょっとツマラナイ話になってしまいましたね。今回はコードに関する説明がごっそりできてないので、MVC2の良くなった部分がサンプルのどこにどう使われているのか、全然伝えられませんでした。反省してます。Zipで圧縮したのをアップロードしてどうのこうのとか、実はパワポじゃないんだよとか、それ以前に何を伝えようとしてるのかが、伝えられてなかったです。ドン引きってこんな時に使うのかな。

心が折れて、帰りのゆりかもめでは夕日が目に染みた。泣いてなんかないやい。

JOJO'S BIZARRE ADVENTURE Part4 Diamond is not Crash

けど、魂を砕くことはできないぜ!また機会があったら、今回の教訓を生かし、もっと参加者に楽しんでもらえるよう的を絞ったプレゼン+コードにしようと思います。

サンプルの説明を近いうちここにエントリしようと思います(ここ知らない参加者の方には申し訳ないですが)。