2011年2月24日木曜日

マニフェスト Tips

RADWIMPSじゃなくてHTML5のキャッシュ。

やっとmanifestファイルを使ったキャッシュを組み込めました。

Offline resources in Firefox - MDC Doc Center
Safari Client-Side Storage and Offline Applications Programming Guide: HTML 5 Offline Application Cache

前回のエントリでjQuery Mobileを使ったぐっと来た.ccの話をしましたが、その時はmanifestが簡単に組み込めなくて断念してたんですが、移動中だとやっぱり遅さが気になるんです。

どうすれば簡単にmanifestを使ったキャッシュを使えるのか、ASP.NET MVCのアプリケーションに組み込めるのか、悩ましいところでしたが、なんとかかんとかキャッシュできました。

ローカルストレージを使ったりした、送信データのキューイングはまだ実装してないので、常時オンラインである必要があるのでOffline Applicationではないんですけどね。

gu

↑これ。

アプリの作り方として、ヘッダ部が認証状態に合わせて変化する+コンテンツ部も同じく認証状態によって内容が変化するので、Ajaxでそれぞれの部分を取得するようにメインページの実装を変更しました。こうすることで、メインページ(manifestを指定しているHTML)がキャッシュされてても、認証により変化する部分は都度リクエストがとんでキャッシュされずに済むようになります。ここまでは結構普通なんですけど、ここからjQuery Mobileに合わせた実装が必要になります。

と、いうのも動的にDOMを生成したとしても、それだけではjQuery Mobileのスタイルが適用されないから、です。はてさて困ったものです。いろいろ試して見つけたのが $.mobile.page() という関数。これを呼ぶことで対象のエレメントに対して強制的にjQuery Mobileのレンダリングを適用させることが出来ました。

JQM FAQ

javascript - jQuery Mobile - Dynamically creating form elements - Stack Overflow

素晴らしいですね。

ただ、素直にAjaxで取得したPartial htmlに対してpage()適用したりしちゃうと、ChromeでjQueryのコンフリクトエラーが発生!だめか~と思ったけど$(document).page()とすればあっさり解決。

今回の実装だと2つのPartialを取得するので、それぞれのリクエストの完了を待ち合わせが必要。リクエストのたびにレンダリングすればいいんだけどカッコ悪いじゃないっすか。そんな時にjQuery 1.5で追加された便利な関数があることを思い出した。

$.when(…).then(…);

jQuery.ajax() – jQuery API

新しく実装されたDeferred Object。jqXHR素敵すぎ。whenに同期したいDeferred Objectを並べて($.get()の戻り値とか)おくと、すべてが完了した時点でthenに渡したfunctionが実行される優れもの。

あとUnobtrusive validationをクライアントサイドでの動的フォームに適用するには $.validator.unobtrusive.parse(document); を呼び出しておくことも注意事項ですね。

Brad Wilson: Unobtrusive Client Validation in ASP.NET MVC 3

他にも面白そうなTipsがあったらエントリします~。